JavaScript を有効にしてください

このページはJavaScriptを利用して表示制御しています

ご案内

対応キーボード

  • FKB7628-801 Thumb Touch
  • FMV-KB232
  • FKB8579-661EV
  • FMV-KB231


日本語配列/英語配列について

  • 本ドライバで shift + 2 で@が出るような配列不一致問題は解消しません。配列を選択しなおす必要があります。
  • システム環境設定 → キーボード → [キーボードの種類を変更...]
  • 日本語配列に設定されない場合、関連ファイルがダメージを受けている場合があります。
    Macintosh HD/ライブラリ/Preferences/com.apple.keyboardtype.plist を削除して試してみます。

 


インストール

 

キー認証(試用版のみ)

インストール手順中に、キーの認証を求められます。試用キーを入力します。

 

キーボードの接続確認

キーボードにチェックを入れて、「インストール実行」ボタンをクリックします。
キーボードを接続していなかった場合は再検出ボタンをクリックします。

管理者権限のインストールが必要となります。システム再起動後にドライバが有効となります。

 

(参考)

アンインストールの場合もヘルパープログラムのインストールを求められます。
このヘルパープログラムは自分自身を削除するようにしてゴミが残らないように設計配慮しています。

 

 

システム環境設定

NicolaK Proが登録されいること、デフォルト設定を確認してください。

(参考)

このプレファレンス設定のほかに、キーボード着脱監視デーモン nicolakprod が走ります。
ログイン時、USB抜き差し時にドライバに設定を書き込む役割をします。

システム起動直後に動作していないことがあるかもしれません。キーボードの固有のインターバル時間計測中で動作していない場合。あるいは、キーボード抜き差し接続監視プログラムが起動してくるまでの間、動作設定がドライバに送られるまで動作していません。SSD環境では数秒から、5、6年前などのディスク周りが遅いMacでは数十秒の可能性があります。

 

(重要)親指シフトエミュレーションをon/offするキーをカスタマイズします

  • 「かな切替/親指ON」
  • 「英数切替/親指OFF」

以下の図の例では次の動作となります。

Tabキー を押すと 英数切替 & 親指シフトエミュレーション OFF 
Spaceキー を押すと かな切替 & 親指シフトエミュレーション ON


親指シフト入力動作確認

1.「かな切替/親指ON」を設定したキーを押します。 
2. [A]刻印のキーで 「う」 が入力されることを確認します。
10.10環境で u がでるようなことがあればドライバの不具合です。ご連絡ください。


(参考)

・本ドライバはローマ字エミュレーションです。ご利用のインプットメソッドでローマ字入力設定を必要とします。
・ キーボード以外からの操作で、メニューバーから あ(ひらがな) を選択してしまうと親指シフトエミュレーションは有効になりません。

(10.11 El Capitan, 10.12 Sierra) 好みよっては「ライブ変換」をオフにします。