JavaScript を有効にしてください

このページはJavaScriptを利用して表示制御しています

AppleキーボードでWindowsを快適にするドライバ

command+space、英数、かなキーのワンタッチ切り替え。コマンドショートカット、メディアキー操作、command+shift+3/4 による スクリーンショットのPNG保存など、Macのショートカットをエミュレーションします。お好みでWindows固有のキーも割り当てできます。

Windows 10 ショートカットに最適化

commandキーショートカットでもWindowsショートカットを優先させたい場合があり、機能追加と整理をしています。

D デスクトップ E エクスプローラー U 簡単操作センター R ファイル名を指定して実行   I 設定 1~5 タスクバーピン止めアプリ操作 Tab タスクビュー M 最小化(Win+↓) ↑↓←→ ウィンドウ

command+tabについては、Windows+tab(タスクビュー)か、Alt+tab(ウィンドウ切替)のどちらかを好みで選べるようにしています。

command+カーソルキーについては、Home/End/PageDown/PageUp か Win+ カーソルキーを選べるようにしています。

Apple Magic Keyboard 対応

Bluetooth接続、Lightningケーブル利用時のUSB接続の両対応。

開発者個人の感覚ですが、Bluetoothは長時間作業には向きません。Wifiも同じく電子レンジ周波数帯につき、他の周波数と比較して分子振動の極小の火傷を蓄積するのか、筋肉収縮・疲労を感じます。日常的に携帯、Bluetooth、Wifi無線全般をオフにしていると、オンにしたときの指のピリピリ感、筋肉の疲労感、さらにはドライアイになるかは結構わかりやすい変化があります。PC作業の疲労でお困りの方はお試しを。

Apple機 Boot Camp起動環境

Boot Campのキーボードドライバより前段で動作させますので、AppleKProの入れ替え設定が先に反映されます。Boot Campドライバのショートカットも併用できます。1つの製品ですが、WindowsPC専用機の環境とApple機のBootCamp環境でドライバインストール手順、および動作が異なる設計です。

WindowsPC専用機にも対応

WindowsPC専用機でキータッチも静かでブレがほぼ無いApple Magic Keyboardが利用可能です。過去発売されている外付けApple Keyboardほぼすべてに対応しています。

Macライクな操作表示

ボリューム、イジェクト、 control + Eject でシャットダウンダイアログの表示。再起動、スリープ、キャンセル、システム終了がそれぞれ「R」「S」「Esc」「Enter」キーが対応します。

 

お知らせ

v6.2.0 リリース(2015/11/24)

  • Apple Magic Keyboard(JIS)の¥キーの入力対応。
  • スクリーンショット、シャッター音がしない:WAVEリソースが消えていた問題を復元
  • Apple Keybord 2011(JIS)のEjectが動作しない。デバイスのドライバ記述が消えていた問題を復元

v6.1.0b5 リリース(2015/10/30)

  • Apple Magic KeyboardのBluetooth利用時、fnキーがMuteとして動作していた問題修正。この本質は2003年のAppleワイヤレスキーボードと動作衝突による。
  • Magic KeyboardのBluetooth利用時 fn... + 装飾キーの操作順序で装飾キーが押されたままとなるWindowsドライバ側の誤作動 問題が存在します。この操作順序の場合に装飾キーを無効化する処理を追加。装飾キー + fnの順序は有効とする。
  • fnキー組み合わせのキー置換と装飾キーと組み合わせられるように修正
  • アンインストーラ: 強制アンインストールの確実性の強化。

v6.0.0b11 リリース(2015/10/16)

  • 取り急ぎApple Magic Keyboard (US)の一般PC環境対応。Lightningケーブル利用時のUSBデバイス接続、Bluetooth接続の両対応。

v6.0.0b7 リリース(2015/08/27)

  • Windows7でドライバが読まれない問題の対処(sha256署名)

v6.0.0b6 リリース(2015/08/18)

  • WinとCtrlをそれぞれ入れ替えていた場合の同時押しのバグ修正
  • command + ↑ 親フォルダの表示(Alt+↑)
  • その他細かな修正

v6.0.0b4 リリース(2015/08/11)

  • cmd+shift+deleteでゴミ箱を空にするの追加
  • command + ←→↑↓ に Home/End/PageDown/PageUp
  • Windowsショートカットの優先
    D デスクトップ E エクスプローラー U 簡単操作センター 
    R ファイル名を指定して実行  
    I 設定 1~5 タスクバーピン止めアプリ操作  Tab ウィンドウ M 最小化(Win+↓)
  • スクリーンショットの設計変更
    cmd+shift+3をPrint Screenに
    cmd+shift+4をAlt+Print Screenに
    クリップボードからpng保存
  • option + A を F10 (半角英数)の追加
  • [右]option と [右]commandの入れ替え
  • MacBookPro Early 2015 インストール対応
  • v5で採用したWindows8向けのcommand 2回のスタート画面の機能は廃止しています。

次の製品から乗り換えアップグレード価格を提供いたします。

  • AppleK Pro for 8/7 32bit
  • AppleK Pro for 8/7 64bit

最新の MacBook には対応しません。USBキーボードではないためAppleKProは利用不可となります。

動作環境・注意
  • Windows 10 64bit 細かい動作保障は致しかねますが 7/8/8.1 64bitでも動作します。未来のOSに対してもインストール制限はしていません。
  • Windows 7環境ではWindows Updateをすべて最新まで更新しないと、ドライバ署名エラーでインストールできないか動作しません。
  • Appel Keyboard(USB)、Apple Wireless Keyboard(Bluetooth)、2000年以前のADB英語キーボード(iMate経由) ~ 2015年のMacBookProに対応。
  • AppleKProは、2015年の新MacBook内蔵SPIキーボード に対応しません。Buletooth、USB外付けApple Keyboard利用は可能です。
  • HHKB US対応 / JIS対応 インストーラに対応キーボードを記載。
  • Apple社以外のMac用キーボードの対応は努力事項ですが、お一人~数人のための開発になりかねず、お約束できるものではありません。
  • Parallels/VMwareの仮想PC環境では動作しません。
  • PC切換器を経由した場合、インストール/動作保障しておりません。