JavaScript を有効にしてください

このページはJavaScriptを利用して表示制御しています

会社概要

会社名
トリニティーワークス有限会社
所在地
〒234-0054 神奈川県横浜市港南区港南台4-5 14-202
設立日
2001年4月26日
資本金
300万円
事業内容
ソフトウェアの開発、販売
代表取締役
取締役
宮田  祐治
国府田 正樹
業務内容
ソフトウェア開発
キーボードドライバ、マウスドライバ、各種アプリケーション、各種環境Windows/MacOS/iOS

Webアプリケーション/システム開発
リサイクル品の販売システム開発およびメンテナンス
自社の販売システム開発

事業ビジョン

オリジナリティ

「ここにしかない」、「いままでありそうでなかった」という自社製品開発を目指します。

効率化

お客様の生産性を高めることを喜びとします。日常業務のストレスを減らすソフトウェアを開発していきます。
シンプル 説明書を必要としない直感操作のソフトウェアを目指します。シンプルイズベストを理想とします。

自社製品

継続
ニッチな市場がフリービジネスに飲まれる恐怖。わざわざ有料のものを手にしなくてもという時代。ニッチな開発をどこまで続けられるだろうか。知らなければ困らない、なくともどうにかなってしまう、いくつかの重要な製品は継続できず消えた事実もあります。

試用可能

AppStoreで気になるアプリが半額セール!で買ってみたが、結局あまり利用せず無駄なった。「お買い得感」は買えた。積み重なるものです。多くのビジネスの実態は無駄、ゴミの山に成り立っている。しかし全員の利益としてはマイナスになるので、無駄買いさせてまで自分の利益を上げたいとは思わない。試して納得した方にのみ販売します。不満があればご指摘をよろこんで。
広告・くちコミ 10年前くらい過去に利用者が2chで興奮状態で利用感を書き込みで、関係者扱いの非難される状況をいくつか拝見しました。製作者は傍観するのみ、かなり気の毒な思いをしました。発信型のくちコミ広告は時に違和感、誤解、反発を生みます。今は一切の広告をやめています。また、開発者自身が受け取る販促メールに飽き飽きしており、更新のメールすら送信しない方向が良いとしています。自分が本当に欲しいモノは広告されているモノではなく、自分から探しにいくモノにあるかもしれません。
開発ポリシー できるできないかではなく、優先順位の中でやるやらないかということ。目の前で起こっている事実を見逃さず認めること。
他が変わる気やる気がないなら自分を変えて進みます。誰よりも先に不満を強く感じて改善していきます。これができれば新しいビジネスになります。

その他、経営持論

前に進む
「面倒くさい」を連呼しながらでも前に進みます。不満を言わずに進みいつか爆発するのも危ない。不満を言って何も前に進まない人たちも問題。進んでいれば不満を言っていたほうが健全です。 他の何かのせいにしてもいいから進んでみます。進んでみると、自分側の改良の余地が相当あったことに気がつきます。

ひと手間

コーヒーを豆から挽くひと手間、冷凍揚げ物をレンジでチンの後のトースターで焼くひと手間。手間以上の満足が得られるものがあります。何事もちょっとだけ面倒なことを試してみます。細部に宿るという話だと思います。
決めつけない自由度 世の中に「~しなくちゃいけない」、「~してはいけない」、「~すべき」、「~あるべき」、「こうじゃなくてはいけない」が溢れています。この考えは、期待の裏返しばかりの連続になり、その人にとっては常に不満がちになります。「~したほうがよい」、「~でもよい」に変えてもよいのでは。やわらかい発想に変わってきます。 脳がネットワークを作り変えたくないと抵抗しているだけのことです。
感じるか考えるか 意図したこと、企んだことは概ねうまくないことがあります。人生においても思い当たることがあると思います。 とにかく感じてみます。ちょっと先の未来を感じてみます。無意識になることを集中してみます。感じたことを達成するために今何するかを考えます。人工林か自然林の違いというか、意図したものは常に継続的に改善修復が必要になってきます。 感じて深く考える前に行動してしまったものはロングセラーかもしれません。ただ、この「感じる」「考える」の使い分けは、かなり難しいです。
負けを認めてスタートする よく「~をゼロにしましょう」という文句には違和感があります。 「戦争をなくしましょう」と、「戦争はなくならない」 どちらをスタート地点にすればより早く減らせるでしょうか。 プライドを捨て、負けを早く認めたほうが次に繋がります。アメリカで肌の色で区別されることがあるという事実を幼いうちから覚悟して認めた人のほうが成功者が多いはずです。 自分のマイナスと思う点は早くから認めてしまったほうが良いはずです。いつしか長所として使えます。 経営者が事実を認められずしていると、よくある粉飾決算、不正問題にもなります。 守ろうとすると守れません。早く予め負けを認めたところをスタート地点に置き、やれること、勝ちにいけるところを探します。
必ず裏切られる 想像、想定は必ず裏切られます。頭で考えることは過去の体験の1つ先しか想像しえない。残念ながら失敗成功の事実を積み重ねる必要があります。1%のひらめき、99%の試行錯誤ともいう。「ひらめき」とは脳のネットワークで選択肢が無くなることだと思います。トコトン突き詰めるとどんな困難も不思議と切り開けます。